*

串打ち一生、焼き一生。その入り口へどうぞ。

   


今日は二つのお話を。

まずは、来月からやろうと思っている事。
『ボトルキープ復活!』
これは、月初~15日までの間はキープ用のボトルを販売しますよという企画。
キープ期間は翌月末まで。
つまり、2月1日~15日までの間に入れてくれたボトルは3月末まではキープしますという。
16日以後はボトルの販売はしませんが、それまでに入れてくださったボトルはキープ期間内いつでも楽しんでもらえます。
15日までに何本も入れてキープしておいて楽しむことも可能。笑
これは出来れば毎月の月初にやりたい。

もう一つは、マニア向け企画。
『串打ち体験コース』
焼き鳥屋はよく『串打ち3年、焼き一生』などと言われる。
しかし、10年間焼き鳥屋をやっていて、今でも串打ちに発見があるのを僕は知っている。
つまり、串打ちは3年などで究められる物ではないというのが僕の持論。
僕は自分の焼く焼き鳥に誇りを持っているが、まだまだこれからも突き詰めていかなければとも思っている。
素材にこだわり、串打ちにこだわり、焼きにこだわって、やっと他店と違う物が作れる。
そう信じて毎日仕事をしている。
しかし、時々言われてしまう。
「ウルルの焼き鳥って高くない?」
僕は世の中には、同じ焼き鳥屋でもはるかに高級な店があるのを知っているし、そういうお店の価値も知っている。
しかし、僕の発信が、技術が、人間的魅力が弱いばっかりに、お客様に価格を高く感じさせてしまう事のある自店の現状がある。
もちろん、全て理解納得したうえで通ってくださるお客様がたくさんいるから今日も営業を続けていられるのだけれども、まだまだ価値を伝えきれていない部分があるのを痛感している。
他の焼き鳥との違いを感じてもらえないのは、お客様の味覚感覚の問題ではなく、僕の力不足でしかないのだ。
しかし、こだわっている。素材だって全くケチっていない。そこには信念がある。
それを伝えるための企画としての第一弾が、この『串打ち体験コース』である。

まずは『串打ち体験コース(ねぎま)』からやる。
どうしてもこちらの都合で時間だけは指定させてもらわなければいけないけれども、曜日の指定はしない。
原則全曜日開催(店休日、及び都合によるNG日除く)で、前日までに僕へ申し込みをしていただく。
16時半~18時半までの約2時間制で、お一人様2000円。
1日につき定員2名様まで。最低開催人数1人。笑
ねぎまへのこだわりの説明から始まり、17時になったら実際にねぎまをもも肉1枚分刺してもらう。
もちろん材料等は用意する。
そして18時の開店時間になったら、刺してもらったねぎまを僕が全て焼く。
食べきれない分は持ち帰りも可。
焼き鳥に対しての理解を深めたい方や、これから自店で美味しいねぎまを提供したい飲食店の方、ウルルマニアの方、興味本位の方、誰でもウェルカムです。
串打ち一生の入り口へ立ちたい方はぜひ。

そうそう、昨日(1/16)と今日(1/17)はゲリラセールで、日本酒(冷)、カクテル、サワー、酎ハイを390円にて提供してますので、御来店お待ちしてます☆

 -ブログ, 告知やキャンペーン, 大和 笑う焼き鳥屋 ウルル

  関連記事

いきなり9月19日

ずーっとずーっと放置してしまいました(*_*) まずは近況から。 9月に入り、早2週間。割と大きい地

2016年末~2017年始の営業日情報

 こんにちは!  2016年もいよいよ大詰めという感じになって参りました☆  ここで、年内の御予約の

iichiko.

 なんか、ぶつけた覚えがあるような、ないような。ひじの違和感は一昨日の夜から。昨日の夜には痛みで寒気

鶏チリ

新メニュー☆鶏チリ

そういえば、最近人気のこのメニュー!『鶏チリ』です。エビチリの要領でバービーくんが作りました。とても

酒粕味噌漬け焼き鳥

先週、上等な酒粕を頂いたので、 味噌と合わせて酒粕味噌床を作りました! そしてやっぱりやっちゃうよね

孤独のラーメン

関連

人それぞれの宝物

「遊ぶように学べ」最先端ICT教育の今 こういう記事を読むと、凄い時代になったなと思います。 僕はま

ホームページを更新しました。

僕は焼き鳥屋ですが、自社ホームページの作成&更新もやってます。もともと技術的な事が得意な訳ではないの

A GREAT 2016!!

皆様、新年明けましておめでとうございます! ウルルは昨年、二号店である『大和 笑う葡萄酒居酒屋 ウル

顔長い

イベリコ豚

こんにちは。 先日、僕らが兄貴と呼んで慕っているお客様のプレゼンツで、ベジョータ会がひっそりと開催さ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4人の購読者に加わりましょう

  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031